血の巡りを良くする方法

血の巡りは、冷え性やお肌のくすみ、体調不良などにも大きく影響してくる健康の上でもとっても大切なことです。

 

一般には運動をしたり、お風呂に浸かる、生姜を食べる、マッサージをするといった方法で改善する方法が紹介されています。

 

ただ、適度な運動といっても、なかなか続けることも難しいし、運動不足の方にとっては急に運動をすることで体調を崩してしまうこともあります。
また、お風呂に浸かることで血流が改善するということはありますが、お風呂から出て体が冷えてしまうと、結局元に戻ってしまうことにも。

 

あとマッサージも有効な方法ですが、これも根気良く続ければそれなりに効果はあるでしょうが、やはり血の巡りが良くない状態を引き起こしている根本原因を改善しないと劇的な効果というのは期待しにくいですよね。

 

となると、CMでもお馴染みの養命酒など漢方薬で改善する!方法ですが、これが一番現実的なのかもしれませんが、漢方もその人の体質、体調に合わせて漢方薬を処方してもらわないといけないし、効果は期待できるけどお金がけっこうかかる!

 

そういう意味で、今、口コミなどでなどで

 

   「今までと違って温かい」

 

   「基礎体温が36度台に上がった!」

 

 

なんて声が多いのが、αGヘスペリジン+ナノへスペレチンって物由来のサプリ。

 

血の巡りを良くするために血液サラサラにするには

血の巡りが悪くなる原因はいろいろあります。
例えば女性であれば、筋肉量が少ないために代謝が悪くなったり、足先などの血液がふくらはぎのポンプ機能が弱く押し返されにくいなどなど。

 

また、血液ドロドロが原因というケースも増えています。
血液ドロドロというと、中高年のメタボ体型の方とかのイメージがありますが、最近は若い人たちの間にも血液ドロドロの方が増えているんだそうです。

 

その原因は、食事!

 

脂っこいものなどを食べたり、寝る前などに食事、間食などをすることで、血液がドロドロになりやすくなるそうです。
というのも、胃や腸で消化しきれなくなって、腸内腐敗を引き起こすことによって血液がドロドロになったり、消化器官に血液が集中することで血の巡りが悪くなって、冷えの症状が起こったり、血液に含まれる栄養素や酸素などが体の隅々にまでしっかり届かなくなることで肌荒れ、お肌のくすみ、ニキビなどに繋がるそうです。

 

ですから、血液サラサラにして血の巡りを良くすることで、体調も美肌も手に入れることに繋がるというわけですね。

 

血液ドロドロになると温かさが届かない

血の巡りが良い!という反対は、血の巡りが悪い!なんですが、血の巡りが悪い状態の一つに、血液ドロドロ状態というのがあります。
血液ドロドロって、けっこうテレビの健康系番組でも取りあげたりしますが、実際には血液ドロドロってどういう状態のことをいうのでしょう?
血液ドロドロを簡単に言えば、血の中に脂分や糖分が多く含まれて血液の流れがスムーズではない状態のこと。

 

 

血液がドロドロになると体に悪いというのはなんとなくイメージでは分かりますが、実際には、血液のめぐりが悪くなることは私たちが思っている以上に大変なこと!だったりします。
たとえば、血液には酸素や栄養などを体の隅々の細胞などに届ける働きがあるのですが、血液の流れ、血流が悪くなることで必要な栄養や酸素が十分届かないところが出てきたりします。
また、血液が行き渡ることで温かさも体に届けることになるのですが、それすらも出来なくなってしまいます。

 

しかも、血液がドロドロになってしまうと、臓器の働きも落ちてくるので、腸などの働きが鈍ったり、より多くの血液を必要として、その分、体の隅々にまでしっかり血液が巡りにくくなってしまうということもあるので、気をつけたほうがよさそうです。